永遠の憧れ♡オードリーヘップバーンの魅力

ノンカテゴリ

永遠の憧れ♡オードリーヘップバーンの魅力
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

伝説の女優 オードリーヘップバーン

1

出典 http://images.ciatr.jp

オードリー・ヘプバーン(英: Audrey Hepburn、1929年5月4日 - 1993年1月20日)は、イギリス人で、アメリカ合衆国の女優。

ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。
アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしており、インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。

出典 http://ja.wikipedia.org

彼女は1929年にベルギーで生まれ1993年にこの世を去りました。

ハリウッドの輝かしい時代に活躍した女優であり、ファッション界においてもその影響力は絶大でした。
5歳からバレエを始め、戦争のためにイギリスへ移りました。

1950年から映画に出演し、1953年の「ローマの休日」では主役を務めあげアカデミー最優秀主演女優賞をはじめとした数多くの賞を獲得しました。
以来、数々の作品に出演し沢山の賞を受賞し妖精のような美しさで、今なお世界中の人々を魅了し続けています。

出典 http://ciatr.jp

50'sファッションのアイコン「オードリーヘップバーン」

オードリーといえば、スリムなスタイル!

 1950年代、ハリウッド映画の世界では女性はグラマラスな女性が美の基準でした。

少女のように華奢な体は、オードーリーにとってコンプレックスでした。しかし、24歳の時に当時26歳で会社を設立したばかりのジバンシイに出会います。

ユベールの理想の女性像を体現し、想像力を刺激する、あらゆる魅力を兼ね備えたミューズ、それがオードリー・ヘップバーンでした。

この時代の標準的な、物憂げで活気のない女性とは対照的に、現代的で意志や知性を感じさせ、若々しさに溢れていたオードリー。彼女もまたユベールのエレガンスに魅せられたひとりでした。

「麗しのサブリナ」の衣装を選ぶためにメゾンを訪れ、はじめてユベールに会った時に、前作「ローマの休日」で得たギャランティでジバンシィのコートを購入したことがある、と彼に打ち明けたといわれています。この日以来、ユベールとオードリーの公私にわたる友情は生涯続きました。

ジバンシイのスタイルは、貴族出身のユベールが持つ精神とフレンチ・シックにオードリーの可憐な奔放さを掛け合わせることによって築かれたのです。

出典 http://www.parfumsgivenchy.jp

オードリーとジバンシイ

あ

出典 http://ssl-stat.amebame.com

長身ながら華奢な身体に少女のような清楚な風貌。
それは来るべき60年代、女性の美の規範となっていくモダーンでシンプルなスタイルを最も先駆的に体現したものした。
そのか細くスラリと伸びた手足や20インチ(50.8㎝)とも言われるウェスト、そしてボリュームの控えめな胸元。 その華奢な体型と凛とした品のある容姿に世界中の人が惹かれたのです。

2

出典 http://ssl-stat.amebame.com

3

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com


4

出典 http://s-media-cache-ec0.pinimg.com

オードリーは多くの名言も残しました。

戦争という辛い経験をしながらも、いつも笑顔でチャーミングなオードリーらしい言葉です。

わたしにとって最高の勝利は、

ありのままで生きられるようになったこと、

自分と他人の欠点を

受け入れられるようになったことです。

出典 http://iyashitour.com

どんな日であれ、

その日をとことん楽しむこと。

ありのままの一日。

ありのままの人々。

過去は、

現在に感謝すべきだということを

わたしに教えてくれたような気がします。

未来を心配してばかりいたら、

現在を思うさま楽しむゆとりが

奪われてしまうわ。

出典 http://iyashitour.com

チャンスなんて、

そうたびたびめぐってくるものではないわ。

だから、

いざめぐってきたら、

とにかく自分のものにすることよ。

出典 http://

晩年は女優業からキッパリ距離を置き、ユニセフ親善大使として活動

幼い頃に戦争で栄養失調に陥り、国際的な食料支援によって命を救われた彼女は今度は支援する側にまわりました。

あ

出典 http://stat.ameba.jp

1989年、女優業を引退後、オードリーはユニセフ親善大使となり、こうコメントした。
「わたしは、ユニセフが子どもにとってどんな存在なのか、はっきり証言できます。なぜって、私自身が第二次世界大戦の直後に、食べ物や医療の援助を受けた子どもの一人だったのですから」

出典 http://fum2.jp

オードリーは亡くなる直前まで、エチオピア、ソマリアなど数々の国で貧困に苦しむ子供たちに笑顔を届、最後まで自分の役割を見出し人生を全うしました。

年をとればとるほど、心の美しさが宿るといいますが、オードリーは晩年こそ美しいのだと思います。
ジバンシイのドレスを着ていなくても、メイクをほとんどしていなくても、ユニセフの活動中の彼女が一人一人抱きしめ、手を取り微笑む姿は映画のスターの時代より美しいと思いました。

いかがでしたか?

週末はオードリーヘップバーンの映画を見て過ごしてみるのもいいですね!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ