20世紀のシンデレラ、グレース・ケリーの人生

ノンカテゴリ

20世紀のシンデレラ、グレース・ケリーの人生
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

グレース・ケリーは1929年、アメリカのペンシルバニアで誕生しました。

幼い頃から演劇に興味があり、家族の反対を押し切り1949年にブロードウェイデビューしました。
その後、ハリウッドから誘いがかかり、1951年、22歳で銀幕デビューを果たします。

ヒッチコックのお気に入り女優として数々の映画に出演し、
25歳のときに出演した『喝采』でアカデミー賞女優賞を受賞しました。

マリリン・モンローと並ぶほど、グレース・ケリーも人気があり、
エルメスの「サック・ア・クロア」が「ケリーバッグ」と改名されたことも有名です。

その全身から滲み出るエレガンスと知性、それに完璧な美貌で人々を魅了し、
今もなお愛され続けています。

「父親から認められたい」さびしく孤独な日々

ケロー

出典 http://

輝かく誰もが羨む人生の裏には、様々な苦悩がありました。
彼女は両親、特に父親からは愛されなかった。
「あの子は、うちの娘なんかじゃない」と否定されたこともあったそうです。

それが彼女の人生に大きく影を落としていたことでしょう。

彼女の父親ジョンは、ボート競技の選手で、オリンピックで2個の金メダルを獲得した英雄。

さらに一代で財を築いた富豪だった。グレースには兄と姉妹がいたが、体育会系バリバリの父親は幼い頃は病弱だったグレースにはまったく関心を示さず、ひたすら兄と姉妹ばかりをかわいがって期待をかけていたのだそう。

父親ジョンは、グレースが『喝采』でアカデミー賞を獲った時でさえ、マスコミに「姉のペギーの方がもっといい女優になったと思う。グレースが女優なんて信じられない」などと発言。そのことで、グレースは「オスカーを受賞した日、それは私の人生の中で一番寂しい時間でした」「私は幸せではなかった」と落胆。

出典 http://www.cosmopolitan-jp.com

モナコ公国の公妃として嫁ぐことに

そんな中、カンヌ映画祭でモナコ大公レーニエ3世に出会いました。

このときモナコは財政難、跡継ぎの問題をかかえており、王室の跡継ぎを生むのにふさわしい若く、美しく、しかも気高いグレースに白羽の矢がたちました。

二人は恋に落ち、結婚。

グレース・ケリーは公妃となるため、女優としての華々しいキャリアをすべて捨てました。

そして1956年4月19日にモナコ大聖堂((サン・ニコラ大聖堂)にて、カトリック式の挙式が行われ、この結婚は、世紀のロイヤルウェディングとして、世界9か国で放映されました。

結婚

出典 http://1.bp.blogspot.com

モナコ

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

も

出典 http://cjp.h-cdn.co

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
12
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ