20世紀のシンデレラ、グレース・ケリーの人生

ノンカテゴリ

20世紀のシンデレラ、グレース・ケリーの人生
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

「私の人生はおとぎ話のようだ」とよく言われるけど、それじたいが「おとぎ話」だわ

その後、幸せな結婚生活が始まるかと思いきや、レーニエ公中心となった生活になかなか慣れることができません。

また、宮殿には「アメリカ人」に対する偏見がはびこっており、宮殿のしきたりをちゃんと教えてもらえなかったそうです。
フランス語の話せないグレースは公の場にあまり姿を見せず、次第に宮殿に引きこもるように。国民の公妃への不満は高まっていきました。

出典 http://eyes-woman.com

グレースの後見人であり、彼女が心を許す唯一の存在であるタッカー神父(フランク・ランジェラ)は言う。

「王室との結婚を夢見る者は、その意味を理解していない」と。

しきたりや打算がうずまくモナコ公室で、彼女は公妃としての振る舞いを求められる。

そして、アメリカ流に自分の意見をはっきり主張しては社交の場で浮き、政治的に追いつめられた夫には影で“お荷物だ”と言われ、国民からは“よそ者”と突き放される。しかも彼女は、モナコの公用語であるフランス語を話せない。まさに四面楚歌だ。

出典 http://www.stereosound.co.jp

え

出典 http://s-media-cache-ak0.pinimg.com

モナコ最大の危機。公妃という“役柄”を完璧に演じることで、自分の窮状や国家の危機を乗り切ると決断。

その後、2人の子供に恵まれたグレース。32歳のとき、ヒッチコックより映画『マーニー』の主演のオファーが届きます。寂しい結婚生活の中で、「本当の自分」を探していたグレースは、女優復帰に心が揺さぶられました。

 そんな折、モナコに危機が訪れます。戦争でお金が必要になったフランスが、無税のモナコに対して、税金を徴収し支払うように圧力をかけてきたのです。軍を持たないモナコは攻め込まれれば、一瞬で占領されてしまいます。

出典 http://eyes-woman.com

グレース・ケリーは努力し続けた。
モナコの歴史を学び、外交儀礼の特訓でフランス語を習得し、フランスとの外交の切り札として大役を引き受けました。

その後もグレース王妃基金やモナコ・バレエ団を設立し、モナコの芸術や文化の発展に尽力しました。

「落胆することも人生の糧。大切なのは、悔やまず前に進むこと。 痛みのない人生は価値のないのです。」

いかがでしたか?

誰にでも辛い記憶や忘れたい、消し去りたい過去はあります。
それでも彼女それを乗り越え、挑戦する強いマインドで人生の難題を乗り越えてきました。

グレース・ケリーのように、挑戦し、洗練を纏う女性になれるようしたいものですね!

q

出典 http://static.wixstatic.com

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
12
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。