【睡眠の質を高める方法】女性は男性より長い睡眠が必要だった!?

ノンカテゴリ

【睡眠の質を高める方法】女性は男性より長い睡眠が必要だった!?
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

女性と睡眠の関係

多忙な現代人にとって、質の良い睡眠を確保することはとても重要な問題です。
また、私たち女性には男性よりも長い睡眠が必要であることがイギリスの研究で分かりました。

家事や育児、仕事もこなしてる女性は、大事な睡眠を確保できなかったり削ったりもしています。また、身の回りにあるスマホやPC、運動不足などの環境から不眠や睡眠障害に悩む人も多くなりました。

睡眠の質が低下すると、集中力低下、だるさ、疲労感、意欲低下などとの症状が現れます。

反対に睡眠の質が良ければ、免疫力アップや学習能力の向上、ストレス緩和や美肌になるなど嬉しい効果を得ることができるのです。

英ラフバラー大学睡眠リサーチセンターの理事であるジム・ホーン教授のチームは、中高年世代の男女210名ずつを対象に「睡眠時間と脳の関係について男女の比較実験」を行った。これにより「女性は男性よりも長く眠ることが必要である」という興味深い結果が示された。

出典 http://news.livedoor.com

男性の脳は一つのことに集中できるように脳が働きますが、女性の脳は、同時に複数のことをこなすマルチタスク機能を発揮します。
つまり、女性は男性に比べて脳を広範囲で使っていることが多く、睡眠による休息も男性より多くの時間が必要だといわれているのです。

出典 http://www.bibeaute.com

5

出典 http://zi-gen.com

睡眠は女性ホルモンとも関わっていて、毎日規則正しくこの時間に睡眠をとることができれば、身体は快調で女性ホルモンの分泌にも影響がありません。
しかし、忙しく過ごす現代の女性はこの時間帯にしっかり睡眠をとれていない方が多くいます。

出典 http://www.bibeaute.com

さらに「女性は睡眠時間が足りないと精神的に不安定になり、うつや激しい怒り、相手に対して敵意をむき出しにするなどの症状が顕著に現れます。これは男性には見られない症状です」と語る。

出典 http://news.livedoor.com


では、睡眠の質を高めるにはどのようなことを意識して生活すれば良いのでしょうか?

昼間に積極的に歩く

2

出典 http://pixabay.com


睡眠はメラトニンというホルモンがどれだけ作れるかが勝負です。
その元になるセトロトニンは昼間に作られますが、これらは適度な運動や日光の光を浴びると作られます。

ですからオフィスワークで座りっぱなし、日の光に浴びないのは実はあまりよくありません。
通勤などで20〜30分歩ける時間を確保しましょう。

いかに脳と体を疲れさせておくかが、良質な睡眠を得るための重要なキーポイントになります。

また、セロトニンは睡眠とも深く結びついており、実は夜になると脳の「松果体(しょうかたい)」で眠りを誘うホルモン「メラトニン」に変化します。

つまり、このセロトニンが不足してしまうと、寝つきが悪くなったり、グッスリと眠れなくなったり、十分な休息が取れなくなってしまう原因にもなるのですね。

出典 http://humin-nyau.com

昼寝はほどほどに!

3

出典 http://cdn2.mynvwm.com


生活リズムを崩してしまうような、過度の昼寝は避けましょう。
また昼寝をするなら1時〜2時くらいまでが最適ですが、夕方以降は体内時計を狂わせてしまうことがありますので禁物です。

しかし昼寝は体の疲れを取るのに効果的で、夜の睡眠に比べて3倍の疲労回復効果があるそうです。
また、心臓病のリスクも下げることができるのだとか。

昼寝は15分〜20分くらいにして、上手に取り入れましょう。

昼寝は夜眠るときよりも身体を癒すのです。

その効果は3倍以上とも言われています。

ついつい長時間寝てしまうと、その分体が休まってしまいますので人によっては夜に寝られなくなるという問題が浮上してきます。

出典 http://latest-news-studio.com

25分以上寝てしまうと、脳が「熟睡モード」に入ってしまい目覚めたあと、

余計にだるさを感じてしまいます。

お昼寝は10~20分程度が最も効果的です。

出典 http://www.wellness-suginami.com

熱すぎないお風呂に浸かる

4

出典 http://pixabay.com

入浴は一日の滞った血流を良くしてくれるデトックス。

しかし熱すぎるお風呂には注意が必要です。
42度〜43度でも、医学的に見ると熱すぎるぐらいで、この温度だと血管が収縮したり、交感神経が優位になってしまいます。

心と体に優しく、一番デトックス効果が高い最適な温度は、39度〜40度くらい。
また、入浴時間は15分くらいが良いとされています。

お風呂から上がったら、必ず水を飲んで脱水にならないように気をつけましょう。



お湯の温度は約40度前後がお勧めです。

ぬるめのお湯(36~38度)では、深部体温と変わらないので入浴によって深部体温を上げることはできません。

深部体温が上がらないとその後の深部体温低下のサポートもできないので、もともとの入浴の意味がなくなってしまいます。

また、熱めのお湯(42度以上)では交感神経が高ぶって、脳を刺激してしまいます。
入浴後も交感神経の高ぶりは続きますので、脳が冴えて眠れなくなってしまうんです。

出典 http://nurse-web.jp

お風呂に入ることで体の表面の血行をよくすることで、
深部体温を低下させる、ということが重要なポイントになります。

ただ、入浴直後はお風呂によって体温が上げられていて、
放熱が上手くいきません。

そのためしばらく時間を置いてから眠りにつくと、
深部体温も下がりやすくなっていて、
深い睡眠を得やすいということになります。

出典 http://www.cbynumjuiceplus.com

PC・スマホ・長電話は避ける

1

出典 http://pixabay.com


寝る前に長電話で神経が興奮してしまったり、ずっと同じ姿勢で体がガチガチになってしまうのは良質な睡眠の妨げになります。

また寝る前にスマホやPCの光を見ていて眠気が起こりにくくなった経験はありませんか?

寝る前の1時間はなるべく使用を控えて、軽くストレッチやマッサージをして自分の体を労わってあげましょう。

人間が規則正しいサイクルで睡眠と覚醒をおこなえるのは「メラトニン」というホルモンのおかげです。しかし、テレビやパソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットの光を夜間に浴びると、このホルモンの分泌量が抑制されてしまいます。そのため、睡眠のサイクルが崩れ、眠りが浅くなったり、寝付きが悪くなったりという症状が現れます。

さらに、スマートフォンを筆頭に多くの電子機器のバックライトディスプレイに使われている発光ダイオード(LED)が放つブルーライトは特にメラトニン抑制を助長すると言われています。

出典 http://nanapi.com

寝る前の暗い部屋の中で受けるブルーライトの影響は、睡眠障害の他に目への負担が大きく、目の疲れ・目の痛み・網膜へのダメージも同時に引き起こすと言われています。

出典 http://nanapi.com

いかがでしたか?


私たちは人生の約3分の1は眠っています。
質の良い睡眠を心がけて、素晴らしい一日のスタートを切りましょう。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸